注意点

記念撮影をする際には、事前に情報収集をしておくことが大切です。ウエディングフォトや七五三といった特別に衣装の必要な撮影の場合には、衣装の持ち込みが可能であるかとか逆に着たいような衣装があるものなのか確認をしておかなければ、撮影時に思うような衣装を着て写真撮影をすることができないことがあるためです。

フォトブックまた、スタジオのセットについても相談すれば小物を持ち込むことが可能な場合もあります。何か特別な演出がしたいと思っていたり、飾り付けたいものがある場合にも事前にそのようなことが可能か確認しておきましょう。せっかくの撮影ですから、記念に残る写真にするには衣装や装飾は自分たちの理想のものにしたいものです。そこで、このような細かいこともきちんと確認しておくようにしましょう。

もう一つ、大事なこととして出来上がった写真がどのような形で受け取るようになるかというのがあります。昔の写真館では写真がアルバムに入って渡されるのが一般的でした。

しかし、最近ではデジタル一眼レフカメラを用いることが多いため、写真をデータでも受け取ることが可能です。デジタルデータで受け取ることができれば年賀状や結婚報告といったハガキを作成する際に用いることができとても便利ですので、デジタルデータの取り扱いについても確認するようにしましょう。また、デジタルデータを頂いた後に、フォトブックを作るサービスをインターネットで行っているところもあります。もし、身内に配るのであれば、データだけでは味気ないと思うので、フォトブックのようなサービスをお勧めします。

【参考サイト】フォトブックサービス / SHIMAUMA PRINT

Pocket

記念写真の種類

昔は、記念写真というと結婚式や成人式、七五三といったイベントでの写真撮影が一般的でした。しかし、最近では写真スタジオの増加やその価格が下がってきたことによって、家庭ごとに機会を設けて様々な場面で写真撮影を行う人が増えています。

妊娠中にお腹の大きい写真を残すためにマタニティフォトを撮影したり、結婚式とは別に着たいドレスを着たり、思い出の地や名所や観光地といったところで新郎新婦だけで記念撮影をするウエディングフォト、子供の成長記録になるように誕生日ごとに記念写真を残したり、といったように個人の残したいタイミングで様々な写真が撮影されるようになりました

このような写真を撮影するのには、フォトスタジオに出向いてスタジオ内での撮影を行うこともできますし、出張依頼をして外での撮影をしてもらうことも可能です。大手のチェーン展開しているフォトスタジオだけでなく、個人経営しているフォトスタジオもありますし、スタジオは持っていないけれども個人で仕事を行っているカメラマンもいます。撮影したい内容や費用に応じて撮影を依頼する相手を選ぶのが大切です。基本的にホームページがあり、撮影した写真が掲載されているので雰囲気を掴むためにも確認をしてみましょう。

Pocket

記念写真を撮る

家族での思い出になるように、大きな節目のタイミングでは家族写真を撮るのが一般的です。家族内で写真を撮るだけでなく、プロに依頼して写真館であったり出張してもらって思い出の場所で撮影をしてもらったりします。写真を撮る

一昔前までは、プロに依頼するととてもお金がかかると思われていましたが、最近ではフォトスタジオも増えましたし個人で活動している写真かも増えたため、リーズナブルになりました。また、家族の思い出はきちんと残そうと考えたり、家族内でのイベントは大切にしようと考えたりする家族が増えたため、そのニーズも高まってきています。

プロが撮影する写真は、カメラが一般的な家庭用のカメラと異なるため写真の仕上がりがとても美しくなります。これは、カメラや照明によって上手に光の加減を調整してくれることだけでなく、良い表情を引き出すために雰囲気作りも上手く行ってくれるためです。

また、フォトスタジオでは様々な小道具であったり衣装を用意しているため、ただただ家族が並んで写真を撮影するだけでなく、記念日ならではの特別感のある写真を残すこともできます。

そこで、ここでは記念写真を撮影したいと思ったときにどのような準備をすれば良いのかであったり誰に依頼すれば良いのかという記念写真の撮影方法について紹介していきます。それ以外にも相場であったり記念写真を撮影するときや撮影後の注意点や確認しておくべきことについても紹介をしていきます。せっかく撮影する記念写真が良いものになるよう、事前にしっかり知識を身につけておきましょう。

Pocket